すべての前提・タッチタイプの習得方法

入力のアイキャッチ画像効率化の方法

テープ起こしをはじめとして、すべてのパソコンを使用する人にとっては、タッチタイプは必須のスキルです。これが出来なければ、効率のよい仕事はできません。

これまで何回もタッチタイプの重要性について述べさせていただきました。本日は、タッチタイプの習得について、一般的な原則からはじめて、私ども独自のコツについて、ご紹介させていただきます。

一般的な手法とは少し異なるかもしれませんが、一歩突っ込んでおります。具体的な参考になればありがたいです。

タッチタイプの意義

タッチタイプとは、昔はブランドタッチ言っていた入力方法です。パソコンで入力するさいに、手元のキーボードを見ないで入力することをいいます。この方法は画面のみを見つめて作業することができるため、覚えると入力やパソコン操作が格段に速くなります。

そのためテープ起こしやデータなどの入力に関係する人にとっては、必須のスキルとなっています。

タッチタイプをマスターすると、作業効率が早まるだけでなく、入力に余裕がでてくるため快適な仕事ができるようになります。いままで周りの人を見ていると、タッチタイプができるようになると、入力作業が好きにあるようです。

それまで「パソコンは苦手、入力は面倒だ」といっていた人が、タッチタイプを覚えるとパソコンの作業が好きになる人がおおいのです。スムーズに仕事ができるので自信を得るようです。

タッチタイプ習得するための原則

タッチタイプを覚えるための基本は、だれもが同じことを言います。この部分については、どんな人が解説していても同じなのです。つまり原則・原理なわけです。

それは①ホームページポジションを覚えること、②打鍵は指定の指以外は使わないこと、③打鍵したら後は必ずホームポジションに戻ること、この三つのことです。

これは原則なだけに非常に強力な効果があります。本音を言えば、これだけキチンと守ることができれば、タッチタイプのマスターには、ほかの練習や指導は必用ないとも言えます。

この段階をマスターしたら、こんどはキーボードを見ないで画面を見ながら入力します。この時に、どうしてもキーボードを見てしまうようなら、ハンカチとか布をかぶせて強制的に見えないようにして作業をします。

イライラする場面もあるでしょうが、我慢して続けます。

習得までの三つの壁を乗り越えろ

タッチタイプをマスターする基本は、たったこれだけなのです。しかし人によっては習得するまでに、いくつかの壁があります。

第一の壁は、ホームポジションを覚え、指定の指以外は使わず、打鍵したらホームポジションに戻ってくるという壁。
第二の壁は、キーボードをまったく見ないでタイピングを続けるという壁。
第三の壁は、キーボードをまったく見ないで、入力スピードを上げるという壁です。

上達の早い人だと、さきほどの原則を覚えただけでスムーズにマスターしてしまう人もいます。ですが、普通はどこか壁にぶつかります。

そこで諦めずに続けることが必要なのです。続けてさえいれば、だれでも2週間程度でタッチタイプはできるようになります。

テープ起こし新潟独自のコツ

まず大前提として私は、練習のための練習はしないという主義です。タッチタイプを覚えるのも、仕事の一環として真剣に取り組んだ方が早く覚えますね。

まずホームポジションを指の配置を完全に覚えるまでは、手元を見て確実に覚えます。思ったように指が動かないと、イライラしますが、そんなときは急がないくてもOKです。ゆっくり確実に覚えましょう。

一つ一つ目で見てホームポジションを覚え、確実にキーボードに指定の指が行くようになったら、こんどは見ないでやることです。この段階でも急ぐ必要はありません。確実に手元を見ないでタイピングができるようにします。

さて次は、一旦タッチタイプができるようになったら、多少の間違いは恐れず最速をめざします。スピードスピードです。

もし急いでエラーが多く続くようだったら、もう一度ゆっくりでいいので打ち間違いのないようにゆっくりと戻してみることも必要です。スピードを追求するが、品質も確認するというやりかたです。

fing-t

薬指と小指の独立・訓練

さて、そうはいってもどうしても打ち間違いがでてきます。とくに薬指、小指では多く発生すると思います。

その理由は、薬指と小指の神経が近いので分離して動かすのが難しいこと。小指に力がないにもかかわらず、キーボードの配列上いろんな役割を担わされていることです。

そこで私は小指と薬指を鍛えるようにしています。練習のための練習はしない主義なのですが、弱い部分の補強は意識しておこないます。

まず薬指と小指を独立して動かしやすいようなします。図①の画像位置を見てください。このように薬指と小指を開きます。できますか。できればOKです。

つぎに小指、薬指の筋トレです。図②のようにして、力を入れて数秒間を2、3回圧迫します。小指の筋肉をつけるのです。小指の訓練こそ、力強く間違いのないタイピングのコツです。

このトレーニングは、気休めかも知れませんが、意識して弱い指を訓練・強化することは大事だと思っています。それはタイピング時のボトルネックを作らないということなのです。

ま と め

以上まとめると、三つになります。

①ホームポジションを覚えて、指定の指以外は使わない。ホームポジションに必ず戻る。
②キーボードを見ないで、速度を追求する。エラーが続いたら
③小指、薬指を補強する

もしあなたがまだタッチタイプをマスターしていないのでしたら、だまされたと思って2週間続けてみてくさい。一生使えるスキルが身に付きます。

以上

タイトルとURLをコピーしました