Googleデジタルワークショップを修了

お知らせ

お正月休みは何をなさっていましたか。

実は私は、ちょっとしたことに夢中になってしまい、寝正月のつもりがパソコンに張り付いていました。

Googleが昨年の秋から始めた教育サービスに、デジタルワークショップというものがあります。そこにアクセスしてみたら、あまりに面白くて、そのまま講座を受講してしまいました。

しかも途中で止めることができなくて、2日間で全89 レッスンを受講。夢中になったおかげで一回で合格し、修了証書なるものも手にすることができました。

これが私の修了証書です。

Googleデジタルワークショップとは?

Googleは昨年から日本をもっと元気にするための取り組みとして、「イノベーションジャパン」を取り組んでいます。その活動の3つの柱の筆頭にデジタル教育を掲げています。それがデジタルワークショップです。

デジタルワークショップは「各種デジタルツールを使いこなし、デジタルマーケティングの利活用ができる人材の育成支援」を目的としています。

学習コースは23章89の動画レッスンで構成されています。各レッスンは数分の動画と、解説、そして学習後のテストで成り立っています。テストに合格すると次のレッスンに進めます。

テストは89の各レッスンと23の各章で課されます。最終的にすべてのレッスンと章のテストに合格すると修了試験を受験できます。

修了試験に合格するとPDFの修了証ダウンロードすることができ、Googleの認めた資格としてLinkedIn(ビジネス特化型SNS)の履歴に追加できます。

 

デジタルマーケティング全体を無料で学べる

受講してみて感じたのですが、無料でしかもデジタルマーケティング全体にわたって、ここまで詳しく学べるということが素晴らしいと思いました。

当初、内容的にはマーケティングを少し学んだ経験がある人なら、簡単かなという印象を受けました。

レッスンの内容は基礎的なものですが、しかしほとんどの分野にわたったレッスンがありデジタルマーケティング総体にわた内容になっています。

しかも最新の情報で作られています。ですから、どうしても自分では不得意な分野も出てくると思います。

そういう意味では、知識の整理にも役立ちますし、不得意分野を確認するという点でも価値があると思います。

よくも、これだけの内容を無料で提供できるものだと感心しました。Google様々です。

デジタルマーケティングは、ネットビジネスだけでなくすべてのビジネスに携わる人にぜひ受講していただきたいと感じました。

とくに、これからインターネットのマーケティングを学ぼうと考えている人には、入門としては最高の教材です。

これから学ぶ上での注意点

私としては、ただ単に修了証書をもらったということでなくて、さちに何度もより深く復習していきたいと考えております。

そこで、これから学んでみようという方に一言申し上げます。

各レッスンや章のテストのなかには、いくつか日本語として理解できないような表現もありました。私の日本語能力の低さなのもしれませんが、理解に苦しむところもあったということです。

おなじように、テストの結果で「なんでこの答えなのか」と考えてしまう所もありました。自分の答えの方が正しいとしか思えなかった所があったのです。

そうした場合、あまり突き詰めて考えるよりは、「Googleとしては、こう考えるんだな」、という位で受け止めておいてもいいと思います。私の場合は考えすぎて、ムダな時間を使ったような気がします。

修了試験についてです。各レッスンや章のテストは、何度も受けなおすことができます。しかし最後の修了試験に限って3回しか受けることができません。2度しか失敗は許されないのです。

ですから簡単な内容だと思っても、試験にはそれなりの気持ちで取り組むべきです。

最後に、このコースはデジタルマーケティングの入門だということです。各レッスンで学んだことは、さらに深めていく必要があります。

そしてなによりも、どのレッスンでも章でもよいので、できるだけ早く実践してみることが大切です。

せっかく学んだデジタルマーケティング、使ってみなけりゃもったいない、そして身に付きません。

以上

タイトルとURLをコピーしました