新潟知事選を振り返る、一貫性こそが勝利の条件

まちづくり

はじめに:一貫性が勝敗の分かれ目

新潟県知事選挙で与党のおす花角候補が勝利しました。与党系とはいえ柏崎刈羽原発再稼働に慎重な知事が誕生したわけです。

じつは、わたしはこの選挙戦を通じて『一貫性』という言葉を強く意識しました。というのは花角陣営が終始一貫した選挙戦を展開しているように見えたのに対し、池田陣営は軸がぶれ続けたように見えたからです。

戦略論の古典が教えるように、一貫性のある候補が勝利することになったと感じています。その意味では勝敗は戦う前から決していたのではないのでしょうか。

花角陣営:一貫性のある戦略を最後まで実行

花角陣営の勝因は、前知事のスキャンダルによる辞任という敵失にも『緩む』ことなく、一貫性のある戦略で地道な選挙を展開したことによると感じています。

なにより当選という目的のためにの一貫した戦略があったこと。いわれている争点外し、ステルス選挙、事前投票などは表面的な戦術です。重要なのはその背景にある戦略です。

象徴的だったのは、人口減問題の象徴として県内最小の自治体・粟島浦村からの選挙戦スタートさせたことです。それはたんなる演出ではなく、選挙戦略のもととなった思想との一貫性のあるものでした。

粟島浦村から過疎・人口減の問題を解決するぞという決意表明です。県内でも地方に住むひとたちには、『この知事なら何かやってくれる』という期待を抱くことができたのではないでしょうか。

その後も花角陣営は終始一環した戦略で、ぶれることなく忍耐強く選挙戦を最後まで戦ったように見えます。つまりそれを実行する信念と組織力が存在したということです。

終始一貫性のある選挙戦だったと思います。

池田陣営:戦略不在でスタート

対する池田陣営の敗因は、自陣営の前知事がスキャンダルで辞任にもかかわらず、県民にたいする反省を示すこともなく、戦略不在のまま選挙戦をスタートしたことです。

選挙を戦う以前の問題として、米山知事の問題で県民の不信をかったことは間違いありません。県民に見えるかたちで謝罪を行っておくべきだったでしょう。

選挙戦では、そうした不利な状況を変えて勝利するための選挙戦略が存在しなかったように見えます。そのため脱原発から女性知事の誕生へ、新潟のことは新潟で決めるというように、ときどきの重点が違って見えました。

一貫性のなさをとくに露呈したのが『新潟のことは新潟できめる』というスローガンを掲げながら、応援弁士は県外の人ばかりで、しかも反安部政権を叫び続けたことです。

まるで新潟県知事選挙なのか国政選挙なのか分からない状況にも見えました。これで県民の反発を買うことになります。反安部政権の票を取り込むことはできたとしても、それが逆に限界を作ったのではないでしょうか。

ただ選挙戦をつうじて女性応援団の活躍は素晴らしい動きを見せました。もし彼女らの活躍がなければ、結果はもっと差が広がっていたと思います。

知事選の到達点:県民の総意は脱原発

今回の知事選挙の結果明らかになったことがあります。

もはや自民党が推薦した中央官僚ですら、脱原発を抜きに新潟県知事には当選できないという現実です。そこまで新潟県の県民意識は、反原発あるいは柏崎刈羽原発再稼働に反対となっているということです。

この県民世論を無視しては、だれもが当選できないという現実が明らかになったのです。もはや与党といえども原発推進政策は口にできない状況なのです。これは大きな成果だと思うのです。

一方、野党にとっては脱原発というシングルイシューでは戦えない時代になりました。シングルではなく総合的な政策、スローガンでなく具体的な政策、中央の問題でなく県内の問題で建設的な議論をしていかないと、野党は勝利できないということを明らかにしたのではないでしょうか。

野党のなかには、知事選に負けても野党連合で追い詰めたと評価する見方があるようですが、わたしにはそう思えません。負けは負けで素直に認めるべきです。そうした自省のなさが、いつまでも野党でいることの要因の一つのように思えてならないのです。

話を『一貫性』に戻します。一貫した選挙戦略をもって当選した花角知事は、知事就任後も一貫して選挙公約を守っていただきたいのです。

脱原発社会を目指し、柏崎刈羽原発再稼働については、米山知事の路線を継承するといった選挙公約を、最後まで一貫して保つことができるかが問われています。

余談:連合推薦候補は連敗

与野党とも直近の2知事選挙では一勝一敗ですが、連敗した組織があります。労働団体・連合です。前回の知事選では森候補を支持し敗北、今回の知事選では池田候補を支持し敗北。

このことは機会があれば別に記してみたいのですが、現在の労働運動を考えるうえで特記しておきたいと思います。

新潟知事選挙のジンクス『連合が推薦する候補は落選する』。

以上

タイトルとURLをコピーしました