ショートカットキーを使っていますか?マウスを使わず高速化

ショートカットのアイキャッチ画像効率化の方法

key-mouse

テープ起こしのタイピングにはかなり習熟している人でも、作業中のパソコン操作でいちいちマウスを使っている人を見かけることがあります。とても快適なスピードでタイピングをしているのに、中断して今度はマウスを使っています。

そうした光景を見ると、私はせっかくタッチタイプができるのに、もったいなあと思います。ショートカットキーを使えば、もっと早く作業ができるのにと見てしまいます。

※データ入力の場合Windowsを使用していることが多いと思いますので、テープ起こし新潟では、Windowsについてのみ述べています。

入力スピードをダウンさせれるマウス操作

あなたは入力などのパソコンを操作で、範囲指定をするときやカットする場合などで、マウスを使っていませんか。「いいえ、ショートカットキーを使っています」と言われる方には、本日の記事は不要です。

ですが、マウスを使っているとしてら、それだけでかなり作業効率を落としている可能性があるのです。

と言うのは、タイピングをしている途中にマウスを使うためには、手を一旦キーボードから離してマウスを使用しなければなりません。キーボードからマウスに移動し、またキーボードに戻すという動きになります。

この時間のロスが作業効率を下げてしまいます。さらにキーボードはタッチタイプなのに、マウスを握ると画面から目を離してしまうことになります。これも作業効率ダウンの原因です。

作業効率の向上が利益の増大に直結する仕事なので、些細なことも見逃すわけにはいきません。

ショートカットキーの活用でスピードアップ

しかしマウスではなく、ショートカットキーを使用し、パソコンの操作をキーボードだけで出来るようになると、この時間のロスがなくなります。すべての操作をマウス抜きに行うのは、現実的ではありませんが、基本的な操作はショートカットキーを使うべきなのです。

もし今までにショートカットキーを使ったことがないようでしたら、ほんの数種類でいいので、使い始めてみませんか。それだけでたいぶ操作が早くなり、軽快になります。

たとえば次のキーだけでも使ってみてください。かなりの変化を感じると思います。

→↑↓← のキーでカーソル移動

Shift+→↑↓←:範囲指定

Ctle+X:カット

Ctle+C:コピー

Ctle+V:ペースト

Ctle+Z:一段前に戻る

詳しいショートカットキーについてはこちら

Windowsのショートカットキーについては、下記のマイクロソフトのページで詳しき説明してあります。ですが全てを出来るようになる必要はありません。

https://www.microsoft.com/ja-jp/enable/products/keyboard/default.aspx?navIndex=4

ショートカットキーを覚えるときには、多くの種類を一回で覚えようとしないで、一番頻繁に使うモノから、少しづつ覚えるようにします。いくつか使いこなせるようになった、また新しいモノを覚えるというように、段階的にした方が早く使いこなせるようです。

以上

タイトルとURLをコピーしました